睡眠歯科

「いびき」は大丈夫ですか

いびきは気道内の呼吸で振動する部位から発生します。そして不規則ないびきは、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。

日本人は欧米人と比べ、顎が小さく下顎の後退などから睡眠呼吸障害を持つ人が増えています。そのなかでも睡眠中に呼吸が止まる『睡眠時無呼吸症候群』が注目を浴びています。


睡眠時無呼吸症候群の症状

夜間熟睡できないことによる昼間の眠気、早朝の頭痛などがあります。睡眠中の特徴では大きな「いびき」「激しい体動」などが見られます。また、睡眠時無呼吸症候群は高血圧や不整脈、脳卒中などに関連があると言われており、発展すると過労死や突然死に繋がる可能性もあります。しかし、睡眠時無呼吸症候群を治療することで、高血圧や不整脈などが改善した例もあります。


睡眠時無呼吸症候群の主な原因

顎が小さい:35%
肥満:35%
扁桃腺肥大:20%
日本における睡眠時無呼吸症候群の潜在患者は1000万から1200万人前後とも言われています。


睡眠時無呼吸症候群の症状

夜間

いびき
疲労の回復しない睡眠
不眠
頻回の中途覚醒
夜間の流涎
夜間の頻尿
寝汗
性機能低下(ED)


昼間

日中の眠気(EDS)あるいは疲労感や倦怠感
記憶障害、認知障害
起床時の頭痛、頭重感
起床時の口腔乾燥感
精神症状、性格変化
(うつ、気力減退など)


睡眠時無呼吸症候群をチェックしましょう

1.「いびき」を指摘されたことはありますか?
2.  睡眠中の異常を指摘されたことがありますか?
3.  日中とても眠くなりますか?
4.  起床時に頭痛がありますか?

睡眠時無呼吸症候群の治療

当院では睡眠時無呼吸症候群に対する歯科的治療として、2つの治療方法をご提供しております。


オーラルアプライアンス(OA)
オーラルアプライアンスといわれる口腔内装具(マウスピース)を装着することで、下顎を前に出し気道を確保させます。これにより"いびき" "無呼吸"が消失し、睡眠中の呼吸が正常になります。オーラルアプライアンスは多くの方に対して有効で、即効性のある治療方法です。

SHアプライアンス
顎が小さいことが原因で歯並びが悪いのと同時に"いびき""無呼吸"といった睡眠時無呼吸症候群の症状のある方に有効な、歯列矯正治療です。SH療法の詳細についてはこちらをご覧ください。



オーラルアプライアンス(OA)による治療

睡眠時呼吸症候群の歯科的治療として、オーラルアプライアンス(OA)治療が一般的に広く普及しています。オーラルアプライアンスと言われる睡眠時無呼吸症治療の為のマウスピースを装着し、下顎を前方に前に出す事で気道の閉塞を抑制し、“いびき”や“無呼吸”を消失させます。



保険適用のOA

上下顎一体型のOAです。


ソムノデントMAS

ソムノメッド社の上下顎分離型のOAで、装着時の顎位の動きを抑制しながらも、自由に口をあけるこことができるように設計されています。
当院は国内で最初にソムノデントMASを導入し、症例数が最多です。


OA導入の流れ

問診・検査

はじめにむし歯や歯周病などの一般歯科検査やレントゲン撮影を行います。検査の結果これらの症状が見受けられる場合は、先にそちらの治療を行います。

型どり

検査の後、問題が無ければ上下顎の型どりを行います。

顎の計測

顎部のレントゲンをもとに、適正な下顎の角度を決めOAを作成します。

完成

OAを持ち帰りその晩から、ご使用頂くことができます。

効果判定

OAを使用いただいてから1ヶ月後、治療効果を測定します。

睡眠時無呼吸症候群の検査

当院より検査キットをお渡し致します。キットの内容は検査機器、睡眠に関するアンケート用紙になります。検査は痛みや食事制限などなく普段の生活と同じように行えます。就寝前にご自身で検査機器を装着し、起床後は同様にご自身で取り外し、記入されたアンケートとともに返送ください。 検査は鼻の呼吸センサーで睡眠中の呼吸状態を、指先のセンサーから、血中酸素飽和度や脈拍数などを計測し、睡眠の質を検査します。

検査結果のお知らせ

検査機器の返送後、10日前後で検査結果をお知らせします。 睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、ご希望される地域の睡眠専門の医療機関をご紹介いたします。睡眠専門の医療機関では必要に応じて精密検査を行い、より詳細な睡眠状態を把握し治療方針を決めます。


睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療には主に「内科的治療」「歯科的治療」のほか、生活習慣の改善などがあります。 内科的治療ではCPAP装置を用いて、空気圧で狭くなった気道を広げるCPAP療法が一般的です。軽症、中症の場合、歯科的治療であるマウスピースで治療を行う場合もあります。また、超重症の場合はCPAP療法にあわせてマウスピースでの治療を行う場合もあります。 また、肥満による睡眠時無呼吸症候群の場合は、生活習慣の改善が重ß要となります。これらの治療にあわせて食事制限や運動、禁酒、禁煙を心がけましょう。 治療方法に関しては睡眠専門の医療機関にご相談ください。


医療連携機関一覧

赤坂おだやかクリニック
あべクリニック
桜晴会 池上内科循環器クリニック
池松武之亮記念クリニック
上野睡眠クリニック
特定医療法人愛仁会 太田総合病院記念研究所附属診療所 太田睡眠科学センター
耳鼻咽喉科専門 医療法人財団 神尾記念病院
医療法人社団 愛語会 要クリニック
グッドスリープ・大森クリニック
医療法人社団 親樹会 恵泉第二クリニック
小林医院
慶応義塾大学病院
慶友銀座クリニック
順天堂大学医学部附属順天堂医院
昭和大学藤が丘病院
神宮前耳鼻科クリニック
公益財団法人 心臓血管研究所付属病院
医療法人社団康生会 シーエスケー・クリニック
杉山耳鼻科クリニック
スリープ&ストレスクリニック


千葉大学医学部附属病院
帝京大学医学部付属病院
医療法人 七仁会 田園調布中央病院
医療法人徳永呼吸睡眠クリニック内科・呼吸器科
東京歯科大学水道橋病院
東京疲労・睡眠クリニック
虎ノ門スリープクリニック
国家公務員共済組合連合会 虎の門病院
仁保医院
日本歯科大学附属病院
日本赤十字社医療センター
日本橋循環器科クリニック
星ヶ丘アルスきょうせい歯科
医療法人社団 響 中澤プレスセンタークリニック
国際医療福祉大学 三田病院
ゆみのハートクリニック
よつば耳鼻咽喉科クリニック
医療法人絹和会 睡眠総合ケアクリニック代々木
RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック


当院のご案内

電話番号(ご予約・お問い合わせ受付)

03-3587-1823

 

診療時間

  土・日
9:30−13:00
14:00−18:00

休診日

土曜日、日曜日、祝祭日

アクセス

所在地

東京都港区赤坂 6-15-1 ミツワビル2F

最寄駅

地下鉄千代田線 - 赤坂駅, 乃木坂駅
>赤坂小学校方向へ、徒歩5分

地下鉄大江戸線 - 六本木駅
>ミッドタウンを通り抜けて、徒歩10分